123456
123456
123456
ハイパー・メディア時代の到来によって、テレビ媒体の役割や機能の大きな変化が予測されます。
これは、たとえば衛星放送の多チャンネル化によって地上波と衛星放送の役割がセグメント化されるという、表面上の問題だけではなく、双方向コミュニケーションの手段として、視聴者と密着したメディアに生まれ変わるという、根本的な変革を意味しています。
テレビが語る時代の夢に耳を傾けながら、私たちは常にベストなメディア戦略のあり方を提案していきます。
 

・カラーテレビの世帯普及率は99.0%。1世帯当たりの保有台数は2.13台。
・広い範囲の視聴者に反復到着が可能。
・ターゲットを絞ったスポット展開が可能。
・全国展開、エリア展開がともに可能である。
・長期的、短期的いずれの広告展開にも効力を発揮。

・1日当たり視聴時間は平均約3時間30分と接触時間が長い。
・視聴者が画面を注視しているため注目率は高い。

・出稿枠の確保やCM素材の変更が迅速にできるためタイムリーな広告展開が可能。
・スポットの場合、出稿地域、曜日、時間帯、期間、出稿量が柔軟に選択できる。

・企業・商品・サービスの知名度の向上および維持、イメージ醸成に効果的。
・短期間に広告効果を上げることができ、新発売の告知や催事の紹介に最適。
・長期間の番組提供によって企業のイメージづくりができる。

・多くの広告リーチ、フリークェンシーを稼ぐことができる。
・視覚と聴覚に訴えるので、インパクトが強く残存効果がある。
・集中的投下によって即効性が期待できる。
・知名度の向上に大きな影響を与える。
・企業イメージや商品イメージの醸成、ならびに話題喚起に大きな力を発揮する。
・映像と音声によって具体的に商品・サービスのメリットを伝えることができる理解促進に効果がある。

全国民放テレビ局リンク一覧表(新規ウィンドウで開きます)